米百俵フェスとは?

「米百俵フェス」は長岡から“笑顔”を日本のみなさんに届けます。
掛け替えのない“体験”と“感動”が生む“HAPPY”な気持ち。
「一人ひとりが生き生きとなれる」そんな時間と空間を創ります。

フェスの開催地長岡は東京から新幹線で80分余り、関越自動車道で約3時間余りという 場所に位置し、海、山、川に囲まれた自然豊かな環境から様々な人材、教育、 経済、食、文化を生み出してきました。「平和を祈る花火」、「豊かな食」、「守り 引き継ぐ人」そして何より「米百俵の精神」という素晴らしい財産を大人から子供 へ、親から子へ継承し続けています。この長岡の財産と共に「音楽のちから」がフェ スへ訪れる老若男女、家族、仲間を繋ぎ、最高の“体験”と“感動”をシェアする ことで、私たちを“HAPPY”な未来に導いてくれる。それが“米フェス”です。

21世紀に入り「明日がどうなるなんて、わからない」そんな声を耳にすることがあり ます。そんな今だからこそ、未来に繋がる笑顔、“HAPPY”があふれる時間 を、長岡から発信して日本を元気にしたいのです。今まで頂いてきた幾多のご支援の お返しに、次は私たちが、長岡から“日本のHAPPY”にして、届けよう。

長岡で過ごす素晴らしい体験が掛け替えのない思い出となって、これからの未来に繋 がりますように。

米百俵の精神とは?

〜国が興るのも滅びるのも、町が栄えるのも衰えるのも、ことごとく人にある〜
明治維 新の折、焦土と化した長岡藩に米百俵が届けられました。長岡藩士小林虎三郎は 「米を食せば数日でなくなる。米を売り未来のために学校を建てよう」と、米を売っ て得た資金で国漢学校を創るなど、教育、人材育成にあて、町に産業(商工業)の 振興と実業教育を大切にする思想を生みました。

ANSWER

今、未来のためにできること。 それが“米フェス” “米フェス”が目指すのは 日本で一番ハッピーで、日本で一番快適なフェスティバル。 次の時代を創ること、それを繋げていくこと。 そこには米百俵の精神があります。

未来の担い手である子どもたちと 子どもたちを取りまく大人たちの「未来に繋ぎたい」 モノ・コト・想いが このフェスでつながり、未来の力となるように。

ここから始まる、未来への道しるべとして 「米(COME)フェス」と名付けました。

主催 : 米百俵フェス有限責任事業組合 
企画・制作 : 米百俵フェス有限責任事業組合